ショアタックル

シーバス(スズキ)用ルアー 定番&おすすめルアー(ハードルアー偏)

シーバスルアーを選ぶにも、湾内・河川・磯などフィールドは様々です。

どのフィールドにも必ず持っていくシーバスルアーをご紹介します。

シーバス釣りをこよなく愛する皆様へおすすめルアーを厳選しました。

シーバスとは?

ソルトゲームフィッシングで人気のターゲットとなるシーバス。

丘(堤防など)から狙えるターゲットとしては大型の魚となりルアーマンにとっては夢がある魚ですね。

ポイントや時間帯、捕食しているエサなどから、戦略を立てルアーをセレクトするのはこの釣りの醍醐味ですね。

ルアーセレクトの考え方

時間帯

アピールできるカラーがオススメです。

具体的にはレッドヘッドやチャートがオススメです。

夜は暗いですから、目立つ色が釣れる傾向にあります。

朝まずめや夕まずめや日中であればリアル系カラーがオススメです。

太陽の日が海中に入ることでシーバスもルアーをはっきり認識してます。

日中にレッドヘッドやチャートを投げると目立ちますがシーバスからすれば【エサじゃ無い!】っと瞬時に判断します。

結果、釣れませんね。

ベイトの種類

ベイトの大きさはシーンによって様々です。

・シラスのような小さいベイト。⇒バイブレーションの早巻きなどで対応。

・10cmくらいのイワシ。⇒10cm位のミノーなど。

・20cmくらいのコノシロ。⇒大きめのミノーなど。

一言でベイトといっても様々で表現が難しいです。

まずは、ベイトの大きさに合わせたルアーをオススメします。

シーバス釣りへオススメするハードルアー

ミノー

【ダイワ】シーバスハンターⅢ

今更シーバスハンターⅢをオススメ?

そんな昔からルアーをオススメしなくても!って思うかもしれませんね。

言い換えると釣れるから長い間リリースされているルアーとも言えます。

表層を泳ぐルアーとなり絶妙な動きがシーバスを刺激します。

【ima】 サスケ

ド定番中のド定番です。

リップが無いことで安定した飛距離でます。

更には荒れた海でもしっかり泳いでくれます。

泳いでくれる水深は表層。

表層をしっかり泳いでくれますのでヒラスズキも狙えるルアー。

ただ、針の強度がいまいちですので購入後は針交換をオススメします。

【シマノ】バンタム ワールドミノー 115SP

シーバス釣りにおいては【遠投⇒巻き⇒ヒット】だけがパターンでは無い。

場所によってはピンポイントで口を使わせたい場所がある。

テトラの際で食わせたいとか、橋脚のピンポイントで食わせたいなど。

ピンポイントでミノーを止めても食わせらるスペシャルなルアーがバンダムワールドミノーです。

バイブレーション

バイブレーションではずせないオススメ商品です。

早巻きからスローの釣りまで幅広く使えるおすすめバイブレーションです。

ベイトが小さい時には早巻きでシーバスをだませることも!

ミノーを投げてもなんの反応も無いときに投げてみると反応することもあります。

飛距離も出るためにシーバスが遠いところに居る場合にも活躍します。

トップ

【ダイワ】モアザン ソルトペンシル-S

ポッパーとペンシルの間のようなルアー。

動きはペンシルに近いですがポッパーのような動きもします。

絶妙なバランスを取ったルアーとなりシーバスのみならず青物にも反応が良いです。

【シマノ】 エクスセンス トライデント

沖でシーバスがはねているんだけどメタルジグを投げても釣れない。

どうしよう・・・って時に【エクスセンス トライデント】の出番です。

もちろん、メタルジグほどの飛距離は期待できませんが驚くほどの飛距離がでます。

まとめ

シーバスを釣る!と言ってもベイトや時間帯によって投げるルアーを変える必要があります。

時間帯やベイト状況にルアーを変えていただき釣果を出していただければと思います。

シーバス釣りのオススメのタックル紹介

シーバスをワームで釣りたい方