伊島沖

落とし込み釣り徹底攻略!徳島県伊島沖でドスンと大物を釣り上げよう!

伊島近海での落とし込み釣りとは?

徳島県伊島周辺での落としこみのシーズンは7~8月です。

6月位よりベイト(いわし)が入り始めますが時期が少し早いです。

6月よりベイトとなるイワシは魚群探知機に写るが本命となるブリやタイ、ヒラメなどのフィッシュイーターがまだベイトについていない場合が多いです。

さて、釣りのイメージとしては【わらしべ長者】といえばイメージがつくだろうか。

ベイトとなるイワシをサビキで釣る。

イワシが付いた状態で底周辺までイワシを持っていきます。

そして、イワシをつけたまま放置します。

ハリにかかったイワシは遊泳力が無くフィッシュイーターの好ターゲットとなります。

自由に泳いでいるイワシに比べると食べやすい状態ですね。

フィッシュイーターがイワシを食べる時は針ごとイワシを食べてしまうために釣れてしまいます。

ジギングと比べると体力的に楽であり、更にアタリの数が非常に多い為に万人におすすめしたい釣りです。

ただし、シーズンが短いためにピンポイントを狙って乗船して頂きたいです。

伊島近海での落とし込み釣りに適したロッドの選び方

感度を優先したロッド選定をおすすめします。

ベイトとなるイワシが小さい事がある為に感度が鈍い竿だとイワシが付いていることすらわからないです。

イワシがサビキについていることに分からなければ底周辺にサビキを止めておく自信が無くなってきます。

自信を持って底で大物ヒットを待つために感度の良いロッドがおすすめします。

落とし込み専用ロッドも各メーカーよりでてますが、専用ロッドより感度に特化したジギングロッドをオススメです。

少々高価なロッドになりますが徳島県伊島近海で落とし込み釣りをするなら強くオススメできるロッドです。

一方で専用ロッドは竿が長く食い込み重視となりキャッチ率はアップします。

僕はゲーム性を優先していますのでポセイドンのスロージャーカーをオススメします。

伊島近海での落とし込み釣りに適した リールの選び方

船釣りリールにはスピニングリールとベイトリールの2種類あります。

徳島県伊島近海の落とし込み釣りはベイトリールがオススメです。

なんで?っとなりますよね。

ベイトリールをオススメする理由としては【フォールのアタリが取りやすい】につきます。

イワシは上げ(巻き上げ)の動作でヒットする確立は低いです。

フォール(道具を落とす)の動作時にヒットする事が大半。

または、止めている時にヒットが集中します。

まずはアタリを感じる事を最優先に考えてベイトリールをオススメします。

アタリが感じられないと【イワシついてる?】ってアングラーは自信が無くなり底周辺でじっと待っていられません。

【イワシついてないのでは?】って不安になり道具を回収して確認します。

底周辺で待っている時間が短くなる為にヒット率ダウンします。

結果、釣果ダウン・・・

僕は釣果を優先しますので落としこみ釣りではベイトリール一択と考えてます。

どんなベイトリールがオススメなの?ってことなのですが。

感度を上げる為に軽量なものがオススメです。

【軽量=高感度】となります。

一方でブラックバスを釣るようなベイトリールでは、リール自体のパワーが無い為に【ヒット~回収時】に不安感がある為におすすめ出来ません。

軽さを追求しつつも大物に対応出来るしっかりしたベイトリールが必要なのです。

伊島近海での落とし込み釣りに適したサビキの選び方

ブリ・マダイが多いとき

ベイトの大きさにサビキを合わせこむ必要があります。

ベイトがかからない事には何も始まらない釣りですから。

年回りにより多少の変化はありますがサビキの糸の太さは8号を目安にして頂きたいです。

サビキの8号という太さは対象魚から考えると細い糸の部類です。

魚をかける事を優先に8号をおすすめします。

ぎりぎりのライン強度である為にタックルバランスやドラグ設定やアングラーへの技量はそれなりに求められます。

自信が無い方は10号も良いです。

ただ、ベイトのヒット率は落ちますが・・・

サワラが多いとき

サワラは歯が鋭い魚です。

通常のサビキの糸はフロロカーボンでできます。

長年の経験上、通常のサビキでサワラを取れる確立は2割!?

いや・・・僕は1割かも!?

って位にキャッチできません。

なんで~~?っとなりますよね。

フロロカーボンにサワラの歯が当たったら即アウトなのです。

針の掛かり所がよければ取れるかも!?です。

掛かり良い場所とは(サワラの口の先っぽ)です。

アングラーが意識的に口の先っぽに針を掛ける事は困難です。

では、どうすれば??って事なのですが、

鋭い歯でも切れ難いワイヤーを採用したサビキをサワラ狙いにはオススメします。

自作サビキの作り方

伊島近海での落とし込み釣りに適したライン

PEライン(メインライン)

メインラインにはPEがオススメです。

と言うか、PE一択です。

伊島近海での落とし込み釣りは水深が20~80mがメインです。

メインラインをPEにする事で伸びが少なく魚からのアタリが取りやすいです。

ナイロンを間違って使ってしまうと、糸が伸びすぎて感度が低下しすぎて釣りとして成立しません。。

間違わないでください。

あと、PEであればなんでも良いわけではありません。

PEの中には劣化が早いものがあります。

すぐに使えなくなります。

ぷつぷつ切れる・・・

リーダー

リーダーはフロロカーボンを選んでください。

リーダーの長さ5m程度とってください。

ライン回収時にリーダーがリールに入ります。

リーダーが入れば【サビキがもう少しで帰ってくる】とアングラーが意識できます。

長すぎるリーダーは伸びが多く発生し感度を鈍らせてしまうために適度な長さが良いです。

リーダーの太さは8号を基準に考えてください。

対象魚(ブリ、マダイ、ヒラメ、サバなど)を考えるとぎりぎりの太さ(強度)となりますが、アタリを出すを最優先に考えたタックルをオススメしております。

重り

サビキのしたにつける重りについては15~40号をオススメします。

水深に対して軽いのでは?っと思われる方は感が鋭いです!

軽い重りにする理由としてはベイト(主にイワシ)に食わせるフォールスピードを演出することになります!

僕の場合は20号を基準に戦略を組み立ててます。

もう一点付け加えると重すぎる重りはライン強度を低下させラインブレークの確立を上げます。

ただでさえ強度が無いサビキですから少しでも強度低下を防ぐ為に軽量な重りがオススメとなります。

伊島近海での落とし込みテクニック

初心者の方が最初に失敗しがちなところについて説明します。

まず、ポイントに着いた時に船長の説明を聞いてほしいです。

船長からの重要な情報は【ベイトがいる水深情報】です。

ベイトがどこにいるか分からないければ闇雲にサビキでベイトを探すしかないのです。

船長からの的確な情報があればベイトが居るポイントを重点的にサビキで探る事ができます。※ここ重要

そして、【落としていいよ】っとの船長の合図と同時にサビキを投入してください。

ベイトがいる直上に船をつけてくれますので投入が遅れればベイトからサビキ投入ポイントがずれて釣れません。

魚が居なければ何も始まりません。

ベイトが捕食したいフォール速度に合えばアタリが出ます。

ここでちょっとしたテクニックなのですが、アタリがあった周辺で止めてみるなどの変化を付けるとベイトを多くつけることが出来る場合があります。

ただ、竿を大きく動かす動作をいれると折角付いたベイトが取れてしまいますのでご注意ください。

中級者以上におすすめのテクニックかもしれません。

底まで何も反応が無ければもう一度サビキを回収し落とす動作を繰り返してでベイトをかけてください。

ベイトがかかれば外れないようにゆっくりと底までおとしてください。

ベイトをサビキにつけたまま着底したらそのまま待ってください。

ターゲットとなるブリやタイ、ヒラメのアタリは対象魚によりあたり方が変わります。

ブリであればいきなりエサを吸い込んでひったくっていきます。

【ドスン】ってイメージのアタリです。

タイであれば吸い込む力がブリより弱く噛む動作が強くなります。

【ガツガツ】ってイメージのアタリです。

噛みながらイワシを捕食しますので本アタリが出るまでに多少の時間を要する場合が多いです。

ヒラメに関しては暫く待ってから合わせを入れるといわれる事が多いです。

僕はそんなイメージを持っておらず、本アタリが来た瞬間にアワセ動作を入れてます。

そんなに待つ必要あるのかな??っと思ってます。

オススメの遊漁船

遊漁船を選ぶことは堤防からの釣りで言えばポイントを選ぶような感じです。

船長がいかにポイントを知り尽くしているか。

はたまた、釣りに適した船を持っているか?

って事になります。

伊島沖のポイントを知り尽くしているのは伊島の漁師さんとなります。

ただ、漁師さんが遊漁船をしているか?って事になります。

伊島の漁師さんが営んでいる遊漁船が2船あります。

共に気さくな漁師さんでポイントを熟知しています。

オススメ遊漁船【まんぼう】

まんぼうのHPはこちらへ

問い合わせ番号:090-4976-1636

オススメ遊漁船【大鱗】

大鱗のHPはこちらへ

問い合わせ番号:090-9556-5106

まとめ

全国的に魚が減少傾向にある中、近海の大物釣りとしては非常にアタリが多い釣りです。

管理人としては上位に入るほど好きな釣り!

アタリの多さとは裏腹にばらしも多い釣り(管理人の技量不足が原因かも!?)

ばらした時は悔しいと思いますがそれも楽しい。

乗船した皆さんと悔しいや嬉しいを共有しながら伊島での落とし込み釣りを楽しんでいただければと思います。

船釣りの他の釣り方・仕掛け・テクニック

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。