釣り方

海釣りをやった事が無くルアー釣りを手軽に始めようと思っている方必見!実は防波堤からのやサビキ釣りが手軽!

初心者の人が考える海でのルアーフィッシングは餌の準備が無くお手軽に始められる!?って考える人が多いのではないでしょうか。

海でのルアーフィッシィングは初心者の方には釣れる確立が低く難しい釣りとなります。

長年釣りをしている人であれば何回釣れなくてもいつかは釣れる!っと確信を持っていますので心が折れません。

ただ、初心者の方は数回の釣りで釣れなければ諦めてしまうこともしばしば・・・

僕の場合は釣りは遊びと考えていますので、まずは楽しむ事を優先に考えてます。

初心者の方が楽しめるの釣りとしておすすめしたいのは防波堤からのサビキ釣りです。

今回紹介させてもらうサビキ釣りの対象魚は小あじ、子サバ、イワシとなります。

堤防からのサビキ釣りとは?

初心者の方が真っ先に思うことはルアー釣りに比べて道具がややこしそう!と思います。

実際にルアー釣りに比べるでややこしい仕掛けです。

ルアー釣りは基本的にルアーのみを投げる釣りですからね。

サビキ釣りはサビキ、餌を入れるカゴ、重りなどをタックルへ連結し釣りをします。更には餌をカゴに入れる動作も必要。

ただ、ここまでは多くの人が出来ます。

出来さえすればルアー釣りより魚に近いです!

釣れる原理としては餌で魚を集めて餌に似せた針で釣る!です。

一番大事な事はポイント選びです。

お近くの釣具屋さんとか釣りをしている人から情報収集しポイント選定してください。

魚がいないことには始まりませんからね。

道具概要

堤防からのサビキ釣りには左右の2パターンの道具選定があります。

それぞれにはメリット、デメリットがあります。

・左の道具

リールが無い為にシンプルな道具。多くの針が付いているサビキがリールから出ている糸に絡むこと無くトラブルが少ない。

ただ、竿の長さで狙える水深が決まってきますので深いポイントでは使えません。

大体の基準としては竿の長さが狙える水深と考えてください。

・右の道具

リールがついていますので狙える水深の幅が広がります。

堤防からの釣りであればほとんどの場所をカバーできると思います。

ただ、リールから出ている糸にサビキが絡む事や道具回収時に糸を巻きすぎて竿のガイド(糸を通す丸い輪)破損などのデメリットがあります。

おすすめロッド

なんと、渓流で使う竿をおすすめします。

この竿はリールをつけないタイプとなります。

初心者の方はライントラブルになるとストレスが溜まりますよね。

ストレスを少しでも解消し釣りに専念するためにリールが付かない渓流竿をおすすめしました。

更に、4.3mと短めの竿をおすすめしております。

おすすめの理由としては長い竿より軽量な為。

軽量の竿にする事で釣りに集中できますし魚のアタリが良く分かります。

おすすめライン

竿の先端とサビキを連結させるために使います。

糸を長くすれば深いところまでサビキを投入できますが取り扱いが難しくなります。

【サビキ+糸の長さ=竿の長さ】位を目安に道具を作ってみてください。

おすすめのサビキ道具

ハイパーパニック

豆アジのときに最強にオススメしたいのはパニックしかけ。

これは釣れます。

是非試してみてください。

ただ、針が小さいので伸びやすくです。

更に、糸が細いので切れやすいです。

その代償にヒット率は高いです。

豆アジ(太ハリス)

アジやサバが少しだけ時におすすめしたいサビキ。

太ハリスとなっておりますが無理すると切れてしまいます。

爆釣サビキ

先に紹介した商品より少し大きめの魚が対象となります。

餌が比較的大きいときにオススメです。

サビキ釣りは餌で魚を集めて釣りを行います。

目的の水深まで餌を届けるには専用の入れ物が必要になってきます。

餌の入れ物と鉛がセットになった商品。

サビキの下に付けて使ってください。

コマセ網はサビキの上につけます。

このままでは道具がしずみませんのでサビキの下に鉛を付けて使います。

サビキの上から餌が落ちてくることを演出しやすいです。

冷凍餌を水で溶かしながら釣る方法が主流です。

ただ、初心の方には匂いの問題からおすすめできません。

初めて釣りをされる方にはパックされた餌を持っていくことをおすすめします。

あると便利な道具

汚れた手や釣り場の掃除になにかと使いたくなる水。

バケツを用意することで簡単に水を準備できます。

ただ、専用のバケツが無ければ水はなかなか汲めません・・・

魚を直接触ると怪我をする事があります。

更に毒をもった魚もいます。初心者の方には判断が難しいですよね。

直接魚を触らないためにフィッシュグリップを持っていくことをおすすめします。

道具を作るときに使ったりします。

ちょっとした時に【はさみがない!】ってなると困りますので用意くださいね。

仕掛けや小物が必要な釣りですのでタックルボックスがあると収納に便利です。

釣った魚をお持ちかえるするにはクーラーが必要です。

釣りに行く際は氷は入れてください。

魚が腐ってしまいますのでね。

クーラーの中に直接魚を入れると生臭くなる・・・掃除も大変。

そんな悩みを少しでも減らしてくれるのがビニール袋。

クーラーに直接魚を入れるのではなく、ビニール袋に魚を入れてクーラーに入れます。

クーラーに染み付く生臭さが低減されますのでおすすめです。

サビキ釣りでは餌(小さいえび)を使います。

餌が臭い…直接手で魚を触ると手が臭くなります。

帰りの車の運転時には臭い手でハンドルは握りたくないもの・・・

っとなると、なるべく手で餌や魚を触りたくない。

その様な人におすすめなのが手袋。

なるべく手にフィットするものが使いやすいです。

サビキ釣りのやり方

一番最初にする事は竿を伸ばします。

ある程度の力で伸ばしておかないと釣っている最中に竿がたたまれてしまいます。

力を入れて伸ばしすぎると帰宅の際に竿をたためなくなります。

慣れるまでは少し力を抑えて竿を伸ばすことをおすすめしたいです。

その後は2号のナイロンライン竿の先端にくくります。

ナイロンラインを八の字で2回くくり竿先へセットします。

↓八の字の作り方です。

後はナイロンライン2号を適度な長さにはさみでカットします。

適度な長さになったナイロンライン2号とサビキを結びます。

ここで注意!サビキを袋からまだ出さないでください。

風が吹くとサビキがぐちゃぐちゃになり使えなくなりますのでね。

さて、結び方が分からない人へはクリンチノットを紹介します。

ここまできたら、サビキを袋から取り出します。

取り出したすぐにナイロン2号の逆側へ重り(カゴ付きの場合もあり)を付けてください。

針同士がもつれない様にゆっくりとテンションを掛けながら出してください。

サビキを出した後は、テンションを緩めてぐちゃぐちゃにならないことに気を配ってください。

最後にカゴや網に餌を入れて海へサビキ投入です。

魚はどこにでも居るわけではありません。

釣り人が出来る事は魚の居る水深へサビキを入れることです。

魚からのアタリがあった層を重点的に探ってください。

アジやイワシはサビキが落ちる際に釣れますので道具が落ちるときに注意ください。

釣れない場合は竿を上下に動かしてエサを巻く動作を入れてみてください。

サビキ釣りが出来る場所

おすすめのポイントはお近くの防波堤や漁港。

ただ、漁港での釣りは漁師さんへ迷惑をかけないように心がけてください。

足元にテトラなどが入ってポイントはサビキ釣りにむきません。

サビキが障害物に引っかかってしまいますから・・・

障害物が足元に無いポイントを探すと良いです。

おすすめの時期と時間

エリアや状況により断言は難しいが参考にして頂きたい。

徳島県では6月位から11月位がおすすめ。

時間に関してはなんといっても朝が良い。

日の出前からスタンバイして頂きたい。

ただ、初心者の方には厳しい時間ですよね。

ご心配なく!夕方も良い時間です。

朝ほどでは無いですが期待できるおすすめの時間です。

サビキ釣りで釣れる魚

徳島エリアで釣れる対象魚としてはアジ、イワシ、サバが最も一般的です。

他にはカサゴやメジナやイサギやカワハギやチャリコ(小マダイ)。

言い切れません・・・多くのターゲットが居ます。

五目釣りも可能な釣り方ですので目指してみては如何でしょうか!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。