オフショア

カワハギ釣りは針にこだわって繊細なアタリを取る!現役釣りバカの厳選オススメ針。

カワハギはエサ取り名人として有名な魚です。

エサを捕食する時に吸い込んだり吐き出したりしながらエサだけを取っていきます。

ただ、エサ取り名人と言っても小さなアタリは出ます。

小さなアタリをフッキングに持ち込むオススメの針を紹介します。

カワハギ釣りの針には2種類ある

掛けやすいハゲ針

掛かりを重視した針です。

掛かり重視ってなに??っと思われると思います。

オススメしている針の特徴は針先が外側を向いており先端がネムリ形状になってます。

吸い込む時にはスルリとカワハギの口の中に入ります。

ネムリ形状の針になっている事でカワハギが針を吐き出す時に口の中に引っかかります。

少しの引っかりさえあればアングラーは違和感を感じ取れますからフッキング動作に入れます。

吸い込みやすいセイゴ針

ハゲ針より小ぶりで細軸が特徴です。

特徴は針自体が軽量になりカワハギが針を吸い込み安くなります。

スーっと吸い込まれやすい針はカワハギ初心者の方も扱いやすいです。

入門者の方はセイゴ針から始める事をオススメします。

オススメのパッケージ品

ハゲ針を使ったパッケージ品

ショートハリス仕様となってますので攻めの釣りが好きな人へオススメです。

吸い込みやすい針を使ったパッケージ品

針先が曲がってしまった場合には簡単に針交換が出来るタイプです。

カワハギ釣りをしていると針先が悪くなる事が多いです。

針先が良くないとヒット率が急激にダウンします。

ダウンしたヒット率を簡単に復旧出来る仕掛けとなってますので非常に便利なパッケージ品です。