オフショアタックル

初めてのジギング!おすすめベイトタックル(近海偏)

ジギングをはじめようと思っても何の道具を購入してよいか分かりませんよね。

そこでおすすめのベイトタックルを紹介しようと思います。

今回は初めてのジギングなのでフィールドとしては近海向けとなります。

近海の主なターゲットは青物、マダイ、タチウオ、サワラ、サバ、アジ、アマダイなど多種多様の多くの魚がターゲットとなります。

初心者の方にベイトタックルをおすすめしたい理由

スピニングリールと比べて、バックラッシュの危険性や早巻きがやりにくいなどデメリットがあるベイトリールです。

しかし、同等・・・いやそれ以上のメリットがあるのがベイトリールとなります。

それでは、なぜベイトリールがおすすめかといいますと・・・

巻き上げる力がスピニングリールよりあるって事につきます。

ベイトリールはイメージとしてウィンチ。

パワーありそうでしょう!

つまり、簡単に言うと釣りが楽になります。

更に、フォール時(落とす時)にある程度のテンションが糸にかかっておりますのでフォールのあたりをとりやすいです。

あと、魚とのファイト時に竿先を下げる事が出来ます。

スピニングリールはベールアームがくるくる回って糸を回収しますので、竿先を下げるとどうしても船にベールアームが当たってしまい扱い難いです。

大きな魚がヒットすると竿を上げてのファイトは困難ですがベールアームが無いベイトリールでは竿先を下げてのファイトが出来る為に体力的に楽であり扱い安いです。

オススメのベイトリール

【シマノ】20トリウム1500HG

コストパフォーマンスを追及したモデル。

HAGANEボディーを採用したことでボディー剛性を確保してます。

更にSコンパクトボディーを採用し握りやすさが光ります。

複数の種類がありますが1500HGがオススメですね。

エリア的に水深が深い場所や潮の流れが早い場所では2000HGがオススメとなります。

ちょっとアバウトな説明となりわかり難いので僕なりの目安を説明します。

●水深:【〜150mは1500HG】【150m〜は2000HG】を参考にしてください。 

●潮流:潮は一概に表限する事が難しです。2枚潮や単純に海峡になって早いなど状況が多すぎて・・・

ギア比についても説明しておきます。

ハイギアを採用することでハイスピードゲームに対応出来ることや感度が上がりますのでHGがオススメです。

他にも比較して検討したいって方は下記リンクよりリール特集を参考にください。

【ダイワ】19 キャタリナ 15H

ダイワ製品で入門者へオススメしたいのはキャタリナとなります。

ジギングでは竿とリールを手で包み込んで(パーミング)釣りを行います。

パーミングのし易さやリーリングのし易さやファイト時の安心感

コストなどをトータルで考えて入門者の方へオススメしたいのがキャタリナです。

もっと安価な商品はあるのですが、あまり安い商品はリール自体の剛性が低くジギングにおいてが扱い難いので余りお勧めできません。

また、見た目が真っ黒でかっこいいのも大きなメリットかと思います。

もちろん、好みはありますけどね。

オススメのロッド

【シマノ】21グラップラーBB タイプスローJ

スローピッチジャークモデルとして開発された【21 グラップラーBB タイプスローJ】

反発力と感度を追求し高弾性化したブランクスを採用を採用しスローピッチジャーク専用モデルです。

ワンピッチジャーク、コンビネーションジャーク、ロングフォールジャークなど多くの釣り方に対応してます。

近海の釣りのほとんどをカバーできるモデル出来ますのでベイトジギングロッドの最初の一本目におすすめ出来ます。

水深100m前後迄であればB66−1かB66-2がオススメです。

水深100〜200m前後を狙う場合はB66-3かB66-4がオススメとなります。

【ダイワ】ブラスト BJ 63XHB-S・Y

2本継ぎでワンピースより持ち運びがしやすいモデルです。

ジギングロッドは高額な物が多いのですが、比較的安価なモデルで扱いやすいモデルとなります。

ソリッドティップを採用しており柔らかいアクションでスレた魚へも食わせのアプローチが出来ます。

また、不意の大物にもファイトできるだけのパワーを持っていますので安心です。

入門者へお勧めしたいのは【63XHB-S・Y】となります。

近海といってもある程度の水深の幅があります。

ある程度の水深をカバーできるモデル【63XHB-S・Y】をお勧めします。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ CRXJ-B63/3SJ

コスパ最強の入門者へ大人気のメジャークラフトのスロージギングロッドです。

大手2大メーカーはちょっと高くてジギングへのハードル高いな〜っと思っている人へお勧めです。

メジャークラフトは安価ですが、安かれ悪かれって事は無いので安心ください。

限られたコストの中で最良の商品を提供してくれます。

オスススメのモデルは【CRXJ-B63/3SJ】となります。

現時点ではいちばん柔らかいモデルとなります。

柔らかいと言ってもルアー適合重さが(80〜180g)ありますので近海で使うには丁度良い竿となります。

オススメのライン

PE(メインライン)

PE2.5をオススメする。

近海ジギングに必要な強度と太さのバランスを取ったのがPE2.5号。

ただ、おすすめしたトリウムにPEラインを直接巻くと糸の量が足りない。

下巻きをしてスプールキャパに対して90%程度になるように調整いただきたい。

言い換えれば購入したPEは入るだけ入れてほしい。

ジギングは少しエリアを変えるだけで水深が大きく変わることもある。

水深変化にアングラーが対応出来るように出来るだけの糸をリールに入れて頂きたい。

ただ、下巻きは少しでも良いでしてください。

スプールとPEラインが空回りし回収不能になるのを防いでくれます。

リーダー(フロロカーボン)

リーダーにはフロロカーボンをオススメする。

太さは12号がオススメ。

近海ではブリやサワラの大型の魚が釣れる。

不意の大物にも対応出来る強度が必要となる!

また、フロロカーボンはナイロンラインに比べて伸びが少ない。

感度の観点から考えれば大きな貢献をしてくれます。

リールの下巻き用の糸

オススメの針

針はいつになっても悩ましい。

長年ジギングをしてますが何が正解なのか分からないのが正直な感想です。

ただ、ヒット率やバラシの確立をバランスよく仕上げられたモデルはあります。

ずばり【パイク♯4】がオススメ!

♯2以下の大きさの針は針自体の強度が少し足りないので針が折れる確率がある程度あります。

♯3以上がお勧めですが、ジギングに

まとめ

初心者の方がジギングを始めるために必要な道具を紹介させていただきました。

タックルバランスを考えて近海ジギングを楽しんでもらうセッティングとしております。

是非参考にしていただければと思います。

ジギングを行う上での知識