伊島沖

ジギング(船釣り)入門!必要なタックルや仕掛けやテクニックを一挙公開。【徳島県伊島沖】

ある程度堤防で釣りをしているともっと大物を釣りたい!って心情になりますよね!

僕は大物を釣りたいっと思ってジギングをはじめました。

ただ、ジギングをはじめたいと思ってもどのように始めたら【???】ですよね!

初心者がジギングを始めるための情報をまとめました。

ジギングについて

ジギングとはメタルジグといわれるルアーを使った釣りです。

メタルジグとは主に鉛で出来たルアーです。

メタルジグを船から海底に落として魚を釣る釣り方をジギングといいます。

ジギングでは主に遊漁船にお願いして釣りをしますので魚がいるポイントへ連れて行ってくれます。

自分で魚を探すことが無い為に初心者にもオススメが出来る釣りとなります。

どんな魚が釣れる?

徳島県伊島沖で釣れる魚の代表としてはサワラ、ブリ、マダイです。

魚影が濃いエリアですのでホウボウ、ヒラメ、マゴチ、根魚、アマダイ、太刀魚も良く釣れます。

伊島沖で釣れる魚は美味しいので人気の釣りとなってます。

釣り方

海底を感じる

メタルジグが海底に着く感じを覚えてください。

落ちていくメタルジグが底について出て行くラインが止まります。

海底を感じる事が出来なければジギングは出来ません。

伊島沖でのジギングの基本は底を感じてからルアーにアクションをつけるためです。

メタルジグへアクションを付けるジャークの種類

ジャークとはメタルジグが底に着いてから動きをつけることです。

ジャークにもいろいろな種類があります。

伊島沖でオススメしたいジャークは3種類です。

初心者に覚えて頂きたい順番に説明していきます。

高速回収+ストップ

5m~10m位高速回収(ただ巻き)した後に3秒くらいのストップ・

ストップを入れているときにアタリが出ることが多いです。

ハンドルを高速回転させた後に止めるだけのテクニックである為に非常に簡単なテクニック。

周りを見渡せば様々なテクニックを使っている人がいて【あれ?これで釣れる?】って思われるかもしれないが自信を持って使って頂きたい。

ワンピッチジャーク

最も多くの人が多くのシーンで使っているテクニック。

一回竿を上げた後にハンドルを一回点回す動作。

10m位同じ動作を繰り返した後にストップの動作を3~5秒入れてください。

ストップの動作で釣れる事が多いです。

または、ハンドルを巻こうとした瞬間に釣れる事も多いです。

ルアーが落ちるか止まるの瞬間にヒットが集中します。

ツーピッチジャーク

ワンピッチジャークの発展版です。

ルアーを竿で一回上げる動作後にリールのハンドルを2回転する。

10m程同じ動作を繰り返しストップを入れる。

ワンピッチジャークより高速でルアーにアクションを付けたいときに使います。

伊島の漁師さんが目の前で入れ食いモードに入れた瞬間を見ました。

伊島でのジギングは高速で動くルアーに反応することが多く多用するテクニックと言えます。

フォール(ルアーを落とす)

簡単に言ってしまえばルアーを海底に向かって落とす・・・だけです。

単純にルアーをフリーで落としている行為です。

フォールで意識すべきポイントは海底でない水深のはずなのに【ルアーが止まった!】という事です。

フォールの途中でルアーが止まるという事はルアーが落下途中に魚が釣れた!と考えてください。

ルアーが止まった瞬間にあわせの動作を入れてください。

フォールでアタリを出すのに最も重要なことは【魚が食べやすいフォール速度に合わせる】に尽きます。

ではどのようにしてフォール速度を変化させるのか?って事になります。

様々な方法でフォール速度を変えられますが一番簡単なのはメタルジグの重さを変える方法です。

・重くなればフォール速度は上がります。

・軽くなればフォール速度は下がります。

当たり前ですよね!

海の状況によって反応してくれる速度は変化しますのでいろいろ試してください。

あとルアーが演出するフォールアピール方法で釣れる釣れないが左右されることもあります。(そろそろ飽きてきたかな?もうちょい頑張ってください)

フォール重視のルアーは重さの割りにフォール速度は遅いです。

ルアーが真っ直ぐ落ちず海の中でルアー自体が勝手にアクションをしているためです。

ノーアクションで落ちるルアーは真っ直ぐ海底に向かって落ちますが、フォールアクションが入ることでルアーの落下速度が落ちます。

ただし、フォール重視のルアーはジャークを入れる際に水からの抵抗が増えるために巻き重りがありアングラーへの負担は増えます。

フォールに反応がいい時もある為にフォール重視のルアーはタックルボックスへ入れておくことをオススメしたいです。

ターゲットによって狙う水深を変える

伊島近海でのジギングでは15m~90m位の水深です。

状況によりますが40m位が最も釣りをする回数が多いと覚えて頂きたいです。

40mの水深でも表層(0~15m)中層(15m~30m)下層(30~40m)と考えてください。

メタルジグでの釣りは海底からどこの層まで誘うか悩むことがあります。

どの層でどの魚が釣れるかの目安をお伝えします。

【下層】サワラ、ブリ、マダイ、ヒラメ、マゴチ、ホウボウなど。最も魚種は豊富。

【中層】サワラ、ブリ、ヒラメ、ホウボウと少し魚種は減る。

【表層】サワラ、ブリと更に魚種は減る。

では、下層だけ攻めればいい?っとなると思います。

しかし簡単にそういった結論に至らないのがジギングの面白さであり難しさです。

下層だけ攻めるより表層までしっかり誘うほうが釣れる事が多いです。

理由としては2点と考えてます。

魚種の数とは別に魚影(魚の数)が下層に集中しているとは限らないためです。

もう一点は表層まで誘う事でメタルジグを新しいポイントへメタルジグを入れることが出来るためです。

ダメな例は・・・(同じポイントばかり釣っていてはダメです)

では、どのように対策するのか?って事なのですが・・・

表層までルアーをジャークしメタルジグを回収。

そして、メタルジグをキャストし再投入。

キャストすることで広い範囲の魚にアピールできる為にヒット率は上がります。

伊島近海ジギングのタックル

ジギングタックルを大きく2つに分けるとスピニングタックルとベイトタックルがあります。

違いはリールの形状です。

伊島近海でのジギングにオススメしたいのはスピニングタックルです。

なんでスピニングタックルをオススメするのか?っと疑問がでますよね!

スピニングタックルをオススメする理由は2点。

ベイトタックルよりルアーを投げやすい。

ルアーを投げることで広い範囲を探れるために釣果アップが望める!

もう一点はベイトタックルよりルアーを高速で動かせる。

伊島近海ジギングは高速で動くルアーにしか反応しない場合が多い。

世の中で流行っているベイトタックルを使ったスロージャークよりスピニングタックルでガンガン動かしたほうが釣れる事が多い。

時代に逆行してますが・・・

竿(ゲーム タイプJ)

伊島沖ではガンガンにジャークを入れた早巻きが釣れる。

ガンガンにジャークを入れるにはロングロッドは向かない。

なんで?ってなるかと思います。

ジャークは竿をのリール辺りに力を入れてメタルジグを動かそうとします。

一方でルアーを動かす動作を与えるのは竿の先のほうです。

力を入れているリール周辺からルアーへ力が加わる竿先までの距離が長くなると大きな力を入れる必要があります。

支点と力点と作用点の関係から…難しい話はやめます。。すみません。

簡単に言うと、力があり力の使い方を分かっている人は長い竿も使いこなせると思いますが初心者には厳しい。

力があっても力の使い方は経験を積んで得るものですから。

結局のところ、なんの竿がオススメなのか?ってところですが!

僕がオススメするのは【シマノ ゲームタイプJ S603】

初心者の方がいきなり高価な竿を購入にはハードルが高いですよね。

シマノのゲームタイプJは安価だから性能がいまいちって事は全くありません。

使ってみれば分かりますが何の違和感もありません。

最初の一本目ですと比較することは出来ませんが、長年釣りをしている僕としては竿のバランスが取れたコスパ最強の竿と考えてます!

リール

伊島沖のジギングは早巻きを多用するためにリールへの負荷が大きいです。

大きな負荷に耐えられるスピニングリールが必要となります。

過酷な状況で使える【SW】シリーズは必須ですね。

ただ、SWシリーズはステラを筆頭に高価。

初心者の方がいきなりステラSW!とはならないです。

高すぎ・・・です。

コストと性能のバランスが取れた初心者へオススメできるのはストラディックです。

ストラディックといっても種類が豊富です。

豊富な種類の中でも徳島県伊島沖の近海ジギングへオススメしたいモデルは【ストラディックSW 4000XG】です!

伊島沖で多用する【早や巻き+ストップ】へ最も適したモデルです。

間違ってもPGは購入しないでください。

XGですよ!

メタルジグ

魚へ最もアピールするがメタルジグ(ルアー)です。当然ですね・・・

メタルジグは種類が豊富で何を選べばよいかさっぱり分からないと思います。

少なくとも、僕は初心者の頃は何を選んでよいかさっぱり分からず闇雲にメタルジグを購入してました。散財です・・・

僕のような迷走を避けるの為にシーズンごとにオススメのメタルジグを紹介します。

補足説明までですが、メタルジグを一個だけ持っていくのは避けてください。

ジギングでは根掛り(地面を釣ってしまう行為)はつきものです。

一回の根掛りやラインブレークしメタルジグが無い為に釣りが出来ないのは悲しすぎます。

複数のメタルジグを持っていくことをオススメします。

春~夏

春から夏にかけては小さいメタルジグへの反応がよい。

具体的には鉛で出来たルアーの100g前後を基準に考えて頂きたいです。

カラーはシルバーを基準にゲームを組み立るのがオススメです。

秋~冬

秋から冬にかけてはシルエットが大きいロングジグがオススメ。

ベイトが太刀魚になる事もある為です。

155gがオススメの重量です。

マサムネは細身のメタルジグである為に重量の割りには軽快にジャークが出来ます。

青物狙いの針

僕は多くの種類の針を使ってきました。

これは完璧な針だ!っと言うものに出会ったことは無いです。

ただ、現時点で最も完成度が高いといえるのはパイクです。

比較的に昔からある針ではあるが、貫通力・強度・針の重量などのバランスが最も取れた針といえます。

青物狙いであれば♯4がオススメです。

大きめの針ですが、青物はファイトパワーがありますので大きめの針で無いと針が壊れてしまいます。⇒釣り用語で言うと【のされる】ですね

マダイやヒラメ狙いの針

マダイやヒラメ狙いであれば♯3がオススメです。

青物ほどのファイトパワーが無いので口への貫通力重視で♯3がオススメです。

流石に♯2まで針を小さくすると針が壊れる可能性が高くなります。

ライン

メインライン

メインラインはPEライン一択です。

PE一択に絞れたのはいいのですが、まだまだ種類が多すぎて何が良いのやら??ですよね。

僕もそうでした。

PEラインは多くのメーカーが出してます。

正直なところ、少し使っただけでライン強度が急激に低下する商品もあります。

そんな商品は購入したくないですよね!

あと、ラインの太さも選ばなくてはいけません。

選んだラインの種類によって太さも変わってきますが、伊島沖近海ジギングで最もバランスが取れた商品を紹介させてもらってます。

リーダー

PEラインは引っ張り強度は強いのですが根ズレに弱いです。

いや、、弱すぎます。

PEラインの根ズレという弱点を補うためにリーダーと言われる樹脂の糸を使います。

PEラインの先に3~5m樹脂の糸を継ぎ足します。

樹脂の糸の材料には大きく2種類あります。

ナイロンとフロロカーボンの2種類です。

ジギングにおいてはフロロカーボン一択と考えてください。

なんでフロロカーボン一択なのか?っとの疑問が出ますよね!

ジギングにおいてナイロンラインはフロロカーボンより伸びてしまうためです。

なんで伸びるとダメなのか?っとなるかと思います。

・伸びすぎる糸は魚からの感度を落としてしまう。

・フッキング時にアングラーからのパワーが逃げてしまう。

などのデメリットがある為にナイロンより伸びが少ないフロロカーボン一択となっています。

サワラがいるときは対策をしてください

最後に・・・サワラ狙いのときはリーダーの先に太いリーダー(20号程度)を継ぎ足してください。1mもあればよいです。

サワラの歯は非常に鋭いので8号のリーダーはすぐに切られてしまいます。

フォール途中で何も感じられないまま【ジグが消えた!】って事もしばしば・・・

太い糸を先につければある程度は対応できます。

では、ワイヤーを先につければ良いのでは?っとなるかと思いますが・・・

アタリの数が激減しますのでオススメできません。

リーダーの結び方【FGノット】

メインラインとショックリーダーは結ばなければ使えません。

結ぶ技術をノットといいます。

ノット(結び方)には多くの方法があります。

僕は初心者の頃にどの結び方がいいんだろう?って悩んでました。

最初の頃は【電車結び】やら【八の字結び】などいろいろ試してきました。

両方とも非常に手際よくノットが作れます。

ただ、強度不足になる弱点があります。

強度不足とはメインラインやショックリーダーが本来持っている強度を出せないことです。

強度不足になってしまう結び方である為に【あああ~ラインブレーク!】って事も・・・

その様なことになり難くするために行き着いたのが【FGノット】です。

FGノットは糸が持っている本来の強度(100%)に近いレベルを出せるノットです。

ただ、ノットを組んでいただくと分かりますが【メンドクサイ】です。

ノットを作るのにある程度の時間がかかりますので船上でノットを組むことはオススメできません。

出船前までにノットを組んで船に乗船いただく事をオススメします。

初心者が船の上でノットを組むと船酔いの原因にもありますから!

スプリットリング

リーダーは針についているプレスリング(溶接リング)に結びます。

ではプレスリングとメタルジグはどのようなに繋げる?ってなりますよね。

針が付いたプレスリングとメタルジグをつなぐためにスプリットリングを使います。

スプリントリングといっても強度や形状や材質など種類が多い。

何を買えばよいのか?ってなりますよね!

徳島県伊島沖でのジギングにおいてはオーナーのP-25が最もバランスが取れていてオススメです。

更に言えば【バランスとは?】って事になりますよね!

余りに小さいスプリットリングでは強度不足を起こし壊れてメタルジグが外れてジグロストをしてしまいます。

余りに大きすぎると強度は十分なのですが、取り外しが困難。交換がやり難い。

メタルジグへの結び方

メタルジグへリーダーを結ぶ方法は多くあります。

多くの方法を試した結果・・・イモムシノットが強度的に優れておりオススメ。

ただし、イモムシノットもメンドクサイです。

メンドクサイ結び方ですので船の上で結ぶのでは無く、事前に結んで乗船してくいださい。

初心者の方が船上でイモムシノットにチャレンジすると船酔いしてしまう可能性がありますので・・・

メタルジグへ針を付ける場所

メタルジグへ針を付ける場所は2箇所あります。

フロントとリアに各一箇所がほとんどです。

徳島県伊島沖のジギングにおいてはフロント(ラインアイ)だけに付ける事をオススメします。

両方につければヒット確立があがるでは?っと考えられると思います。

確かに、両方に針を付ければヒット確立はアップします。

ただ、それ以上にデメリットがある為にオススメできないのです。

デメリットは2点です。

・根掛りの確立アップ⇒ルアーロストします。

・エビになりルアーが動かなくなる。

エビとは・・・・

あると便利な小物

ライフジャケット(必須)

船に乗船するときは必須の道具です!

絶対に付けてくださいね!

船長が海上保安庁に怒られるだけではないです。

自分の命を最終的に守ってくれる道具です。

ライフジャケットといっても種類は豊富です。

オススメなのは腰に巻くタイプのライフジャケット。

なんで腰巻タイプがオススメなの?ってなるかと思います。

ジギングは常に竿やハンドルを動かし続ける釣りです。

ベストタイプのライフジャケットは腕を動かし続ける釣りをしていると【邪魔】になります。

釣りに集中できません。

上半身をフリーにしてくれる腰巻タイプがオススメとなるのです。

更に言えば、安いものでいいのでは?っとなるかと思います。

余りに安いライフジャケットはダメなのです。。

桜マークが付いた商品でなければ国土交通省が認めてくれないのです。

詳しく知りたい方は【国土交通省のHP】を見てください。

酔い止め

【僕は絶対に酔わない!】って方は読み飛ばしてください。

【ちょっと不安】って感じる方は迷わず購入してください。

船の移動中に船酔いになる事は少ないと思います。

船酔いは停泊してジギングを開始してから始まります。

折角、楽しみにしていたジギングで船酔いと戦うなんて嫌ですよね!

僕は初心者の頃に何にも考えず乗船しました。

そして、ゲロゲロになりながら釣りをしてました。

こんな事にならない為に準備してください。

ただ、乗船ぎりぎりに飲まないでください。

乗船の一時間前くらいに飲んで頂くのがオススメ。

直前に飲むと折角の薬がゲロゲロと一緒に海中へ・・・

タックルボックス

ジギングをはじめてみるとわかるのですが【以外と道具がおおい!】って思います。

いや表現がいまいちでした【楽しくなって増えてしまう!】が正解ですね。

増えていく道具を入れる入れ物にはじめの頃は悩んでました。

いろいろ購入して失敗しました。

たどりついたのがバケットマウスです。

収納力や強度(座れます)やコストのバランスが取れていています。

バケットマウスのカスタマイズも!

クッションを付ける事やメタルジグ専用の入れ物でカスタマイズするなど機能面でも間違いないオススメの商品です。

プライヤー

メタルジグの付け替えや魚を外すときに必須となるプライヤー。

これが無くてはジギングできません。

でも・・・【どれがいいんだ?】ってなりますよね!

僕は数々の失敗を重ねてダイワのプライヤーにたどり着きました。

メタルジグを付けるにはスプリットを使います。

スプリットを使う為には専用のプライヤーが必要です。

ただ、専用プライヤーと言っても使い勝手が良い物や使い難くてどうにもならない物など様々。

値段的な問題では無く使いやすいものを選んでいただく事をオススメします。

ただ、僕がオススメするプライヤーは安いですが…

クーラー

ジギングにおいてクーラーに求めたいことは持ち運びが楽なこと。

具体的にはクーラーにタイヤが付いていることです。

なんでタイヤが必要なのか?って事なのですが、

魚と氷を満載にしたクーラーを両手で持って車への積み下ろし・・・めちゃくちゃ重いです。

更に車から家まで運ぶのは地獄です。本当に重いんです・・・

そこで活躍してくれるのはころころと転がして移動させることが出来るタイヤ付きのクーラー。

更に言えばタイヤの大きさは大きいほうが良いです。

よく転がってくれてます。

家に帰って疲れ果てた体への負担が激減します。

長靴(秋~春)

ジギングにおいては基本的に長靴をオススメします。

船の上では魚を〆るときに水を使いますし、移動時には波が船に入ってきます。

通常の靴ではずぶ濡れ・・・そしてテンションダウンになります。

ただ、長靴であれば何でも良いのか?っと思われるかもしれませんが絶対ダメなのはスパイクブーツです。

スパイクが船を傷つけるために絶対やめていただきたい。

船長が泣いちゃいます。いや、乗せてくれませんね・・・

ではどのような長靴がオススメなのか?ってなりますよね!

僕としては決して高価なものが必要とは考えてません。

あえて釣り具メーカーのものではなく【ワークマン】のものがオススメ。

耐久性やコストのバランスが非常に良いです。

デザイン性を考えて釣り具メーカーのものを選んでも良いのですが・・・高いですよ!

サンダル(夏)

夏は暑い・・・ひたすら暑いです。

そんな暑い中、長靴なんて履いてられません。

夏といえばサンダルです!

ジギングで上がりきった体温を船からすくった海水で足を冷やす!

これが気持ちいい!やめられません。

そんな夏にもってこいのサンダルなのですが、何でも良いわけではありません。

釣りには危険を伴います。

例えば、魚を釣り上げた後に魚のヒレが足に刺さる!

ああ~考えただけも怖い。

その様な危険回避が少しでも出来て、快適性を持ったサンダルでなくてはなりません。

ナイフ

釣れた魚を美味しく持ち帰るには血抜きをします。

血抜きをするにはナイフが必要です。

ナイフであればなんでの良いのか?って事なのですが、何でも良いわけではありません。

伊島沖の魚を〆るために必要なスペックとしては【強度】【切れ味】【錆び難い】の3つは求めたいです。

切れ味と錆び難いはイメージが付くと思いますが、なんで【強度】が必要なの?って思われますよね!

伊島で釣れる魚にはブリやマダイがいます。

両方とも血抜きをするには力が必要です。

大きくて骨が硬いためです。

力を入れる刃物に強度が無ければ刃物が折れてしまい事故につながります。

事故を避ける為にも強度があるナイフをオススメします。

遊漁船の選び方

遊漁船を選ぶことは堤防からの釣りで言えばポイントを選ぶような感じです。

船長がいかにポイントを知り尽くしているか。

はたまた、釣りに適した船を持っているか!

って事になります。

伊島沖のポイントを知り尽くしているのは伊島の漁師さんとなります。

ただ、漁師さんが遊漁船をしているか?って事になります。

伊島の漁師さんが営んでいる遊漁船が2船あります。

共に気さくな漁師さんでポイントに熟知しています。

オススメ遊漁船【まんぼう】

まんぼうのHPはこちらへ

問い合わせ番号:090-4976-1636

オススメ遊漁船【大鱗】

大鱗のHPはこちらへ

問い合わせ番号:090-9556-5106

船長からの事前情報は大事

ジギングをするにはまずは船長へ電話することからスタートします。

自分がジギングをしたい日程を伝えて乗船予約をしてください。

乗船予約の際に【狙う魚の種類】【狙う水深】【ベイトは何か?=メタルジグの選定材料になります】などの情報を聞いてください。

アングラーが乗船までに戦略を立てることに役立ちます。

あと、前日夕方にも状況を聞いてください。

予約の時に情報収集しているのに今更なにを聞く?ってなるかと思います。

ほしい情報は【出船可否+出船時間】です。

ジギングは自然を相手にした遊びです。

海が荒れていては出船できません。

安全第一です!

ジギング前夜の行動

船長から出船可能情報を入手できればジギングの準備をしてください。

・PEとリーダーをノットで結ぶ。

 ※針は港で結んでください。船が来る前に結んでください。

  車の中で針がむき出しは危ないですから。

・容易した道具をタックルボックスへ入れる。

・目覚まし時計をセットする。

 ※遅刻しないでください。

・全ての道具を車に入れる。

船長の指示は聞いてください

いざ道具を船に積み込んで沖のポイントへ向かいます。

ポイントに着くまでは船長と会話して状況などをヒアリングしてください。

そんな事をしていると船長オススメのポイントへ到着します。

ポイントに付いたからといってすぐにメタルジグを海へ投入してはいけません。

船長から【やってよ~】っと指示が出てからメタルジグを海へ入れてください。

GPSや魚探や経験を駆使してベストなポイントへ船を操船してくれます。

その後、ある程度ポイントを流し終われば【あげてよ~】っと言われます。

素直にメタルジグを回収してください。

ベストポイントから外れていますので粘って欲を出しても他の人に迷惑がかかるだけです。

ジギングが終わってからの道具メンテナンスは大事

一日ジギングをして帰宅します。

帰宅後にまず何をするべきか?って疑問がありますよね!

釣った魚をさばいて一杯飲んで寝る?

いやいやその前に自分の大事なタックルを真水の流水で洗ってください。

海水が大量についているために大事なタックルが錆びてしまいますので。

初心者にもジギングはオススメ

伊島沖のジギングは初心者にオススメできるのか?って事ですが。

結論を言えばオススメの釣りとなります。

伊島沖は魚影が濃い上にポイントを熟知した遊漁船が強い味方になってくれるためです。

初心者が岸壁で釣りをするのは自分でポイント選びや釣り方の開発が必要です。

多くの時間(労力)が必要です。

その様なことを全て解決してくれるのが伊島沖のジギングです。

きたっちのジギングメインタックルの紹介

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。