アマダイ

アマダイの釣り方と仕掛け(タイラバ)徹底攻略!【徳島県伊島沖】

伊島沖のアマダイ釣り

徳島県の東部に位置するのが伊島です。

自然豊かなエリアであり釣りのポイントも豊富です。

伊島沖は岩礁地帯から砂地地帯まで地形変化に富んでます。

砂地を好むアマダイポイントも多く存在し専門に狙う漁師もいます。

好条件がそろう伊島であるからアマダイ釣りが成立します。

アマラバとは

タイラバが派生して釣りがアマラバです。

道具や釣り方はタイラバとにています。

マダイに比べてアマダイは小型となる為にタックルは全体的にライトです。

水深も40~100m位で余りに深くはありませんのでボート釣り入門者にもオススメできる釣りです。

オススメのロッド

マダイほど大型にはならない為にヘビータックルは必要ないです。

ヘビーロッドより繊細で感度が良い竿の方がオススメです。

アマダイは捕食の際にタイラバを吸い込むために食い込みが良い竿がオススメ。

トータルバランスが優れた竿をオススメします。

シマノ 炎月 リミテッド

ちょっと高価な竿になりますので初心者にいきなりオススメはできません。

ある程度、船釣りを経験された方には満足してもらえる竿となります。

軽さや感度や持ちやすさなどトータルバランスが優れた竿です。

シマノ 炎月 BB

アマラバをこれから始めたいって人にオススメしたい竿です。

何がオススメ?って事なのですがとにかく安価って事につきます。

ただ、僕の場合は安ければ何でも良いのか!って事はないです。

安価でありながら軽量で感度のスペックが十分にそろった竿しかオススメしません。

シマノの竿は安価であってもそれなりに張りがあり感度良好です。

更に、軽量である為にアングラーには疲労軽減のメリットもあります。

オススメのリール

フォールのアタリも意識するためにベイトリールをオススメします。

ずばりオススメのリールは【オシアコンクエストCT】です

フォールレバーを採用したことでフォール速度を自在にコントロールできます。

更にリーリング速度表示機能が搭載されたことでアタリが出る速度を数値化できます。

ボート釣りにおいて釣れたパターンを再現することは釣果アップにつながります。

シマノ オシアコンクエストCT 200HG

デジタルコントロールを可能にするコンクエストCTです。

カウンターが付いている為に非常に便利。

どの棚で釣れたのか?が一目瞭然です。

更にフォールレバーが付いている為にフォール速度コントロールが可能です。

ただ、値段的に高いので初心者の方にはおすすめが難しいです・・・

シマノ ゲンプウ

コストが非常に抑えられているために初心者の方へオススメできるモデルです。

さ~これからアマラバをしよう!

って考えている方で【まずはお試しかな~】っと思われている人にオススメ出来ます。

性能としてもアマラバやタイラバをするには十分対応出来ます。

オススメのライン

メインライン(PE)

伊島沖のアマラバでは極端に細い糸を使う必要は無いです。

太すぎるとラインが流されて糸ふけが発生し感度を鈍らせますが・・・

バランスの取れたラインを紹介します。

PEラインをリールへ直接入れることはオススメ出来ません。

下巻きにナイロンラインを適量入れてください。

適量とはPEを全て入れたときにラインキャパの90%が目安となります。

PEの下巻き用ライン

PEラインの下巻きに高価なラインを使う必要ありません。

僕のオススメはナイロンラインです。

単純に安いからです。

リーダー(フロロカーボン)

極端に細いリーダーを使う必要はありません。

6号を基準にタックルを組み立てれば扱いやすいと思います。

大型を意識している人は8号でタックルを組み立てれば良いと思います。

オススメのアマラバ

市販品のオススメのタイラバ

ベースとなるルアーはタイラバです。

タイラバにワームを付けるなどしてその日のベストなルアーにコーディネートし釣果を伸ばしていただきたいです。

カラーが多すぎて何を選んで良いのか???って人が多いと思います。

まず最初に入手して頂きたいのはオレンジや赤系です。

僕の経験上では一番ヒット確立が安定したカラーだからです。

タイラバを自作したい方

もりぞうフィルムのタイラバ自作動画

伊島沖のアマダイ釣り(アマラバ)テクニック

まずは、ルアーを海底まで落とします。

基本動作として着底と同時にゆっくりただ巻き。

アマダイは底周辺でのヒット率が高いです。

ルアーを余り浮かせる必要はありません。

釣れなければ、ただ巻きにストップ動作を入れてみてください。

それでも釣れなければリフトアンドフォールの動作を入れてみてください。

試行錯誤を繰り返せばなんらかの反応が出てきます。

アタリが出ればヒットゾーンの水深把握やアクションを覚えておき次の釣果へつなげて釣果を伸ばしてください。

POSTED COMMENT

  1. […] 【アマラバで釣りたい方はこちらのタックル情報にて】 […]

  2. […] 【アマラバで釣りたい方はこちらのタックル情報にて】 […]

  3. […] 【アマラバで釣りたい方はこちらのタックル情報にて】 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。